kaigo-tenshoku-houhou

介護職の転職方法 | 次の職場を早く見つける求人の探し方

介護職は一般の職種と比べても転職が行いやすい、求人が多い職種だといわれています。しかし、転職をする際にはどのような媒体を使って求人を検索したらいいのか、メリットデメリットを把握している人はすくないのではないでしょうか。

ここでは、介護職の転職方法や求人の探し方について、求人検索によく使われる媒体のメリット、デメリットを比較しながら紹介していきます。

##ハローワークで介護求人検索をするメリット、デメリット
介護職の求人を探す際に最も多くの人が活用しているのは、ハローワークであるといえます。ハローワークで検索するメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

ハローワークのメリットとしては、まず求人の数が多いことが挙げられます。これは事業所側からしてみればハローワークは掲載料が基本的に無料ですので、求人広告費をあまりかけたくないところからしてみれば非常に助かるから自然と多くなります。

また、利用する側としてみてもハローワークを利用することによって就職の支援金をもらうことができますので、金銭的に厳しくなることが多い転職時期には非常に助かるといえます。

デメリットとしては、ハローワークが空いているのは基本的に平日ですので仕事が忙しい人、仕事が土日だけしか休みが無い場合は通いにくいということです。それと同じように求人を申し込むのには必ず一度はハローワークまで出向かないといけませんので、これも同様に仕事が忙しい方に対しては利用しにくい一面でもあります。

また、利用者が多く、求人1つに対して複数の介護士が申し込んでいる場合がありますので、競争率が高くなる可能性があります。これはデメリットであるといえます。

###折り込み広告で介護求人検索をするメリット、デメリット
kaigo-tenshoku-houhou2
新聞の折り込み広告には介護の求人は多数掲載されており、日によってはほとんど介護職の求人だということもあります。

折り込み広告のメリットとしては、気軽に見れるということです。新聞を取っている人であれば広告が入ってくるものですので、ハローワークのようにいちいち出向く必要がありません。

また、急募などが載りやすいというメリットがあります。ハローワークに比べて折り込み広告は申請から掲載までの期間が短いですので、すぐに転職をしたい方に対してはありがたい求人が記載されていることが多いです。

デメリットとしては、新聞を取っていないとみることができないということです。特に若い世代の世帯であれば新聞を取ることは非常に少ないですので、わざわざ新聞を取らないといけないデメリットがあります。

####インターネット転職サイトで求人を検索するメリット、デメリット
近年では非常に多くの介護職専門のインターネット転職サイトがあります。働いている人、忙しい人はこの転職サイトの活用が一番お勧めだといえます。

メリットとしては、インターネットで検索ができますので気軽に利用することができるということ。

また、サイトによってはコンサルタントが転職について様々なサポートをしてくれます。転職が初めての方などがコンサルタントにしっかりと情報を聞いてから転職ができますので、安心して次の職場探しをできます。

デメリットはほとんどないです。インターネットにつながっている端末を持っている必要があるというぐらいです。利用料金もほとんどが無料ですので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング