kaigo-tenshoku-ban

介護職の資格まとめ | 転職したい介護士はぜひ取得しよう!

介護職は多くの求人がありますが、どうしても資格取得者が有利になります。介護職が転職をするにあたって、持っておいた方が良い資格とはどのようなものがあるのでしょうか。現在転職を考えている方は、参考にして資格取得を目指しましょう。

介護職は資格の仕事です。資格が見直されつつあり、事業所も資格取得者を優遇する傾向にあります。介護職の転職に有利な資格とは一体どのような資格があるのでしょうか。

転職の幅が広がる介護福祉士

kaigo-shikaku4

介護福祉士は現在の介護職の中でも唯一の国家資格です。介護福祉士を取得していれば、ほぼ全ての介護の仕事つくことができますし、資格手当も手厚いです。

取得には3年の実務経験、実務者研修を終了を経て、国家資格に合格しないという決まりがありますので、今すぐに取れるものではありませんが、現在の職場で取得をして転職するのが良いでしょう。

また、介護福祉士は都道府県によっては生活相談員にもなることができる資格です。最近では生活相談員には社会福祉士や社会福祉主事が必要だというところも増えてきていますが、デイサービスの相談員などはまだまだ介護福祉士が生活相談員をしているところも多いですので、介護福祉士は転職の幅を広げるためにも役立ちます

介護福祉士は国家資格ですので、更新などの必要性もなく、一生使える資格ですので介護職で働き続けるのであれば是非取得をしておきましょう。

サービス提供責任者にもなれる実務者研修

kaigo-shikaku2

ヘルパー1級が廃止されて代わりにできたのが実務者研修です。実務者研修は介護福祉士の下に位置付けられる資格であり、介護の中級者という扱いになります。介護福祉士を取得するためには必須の資格になりますので、早めに取得しておいても良いかと思います。

介護福祉士に比べて試験などはありません(卒業試験のみ)ので比較的簡単に取得することができます。取得するためには、学校に通って単位を取得していく必要がありますが、現在では働きながらでも取得することができる夜間の通学、土日の通学などもあります

取得するためには、おおよそ3か月から半年前後で取得することができます。また、初任者研修を取得している場合は、免除もありますのでもう少し早く取得することができます。

実務者研修も介護福祉士と同様に就職の幅が広がります。その理由としては訪問介護のサービス提供責任者になれるということです。サービス提供責任者は今まで介護福祉士のみでしたが、実務者研修でもなれることになっています。

無資格ならば取得がお勧め、初任者研修

kaigo-shikaku1
介護の転職で無資格は転職に非常に不利になってしまいます。これは知識や技術がないのではないかと判断されますし、事業所側からしてみても無資格の方を雇うということはあまりメリットがありません。

そういった人に対しては、転職の前に初任者研修というものを取得することをお勧めします。初任者研修は介護の中でも入門に位置付けられる資格ですが、取得期間も短く(早ければ1か月、通常で2か月ぐらい)費用も安い(6万円~)ですので、現在転職を考えている場合でも取得することができます。

無資格ですとどうしても転職する際に不利になってしまいますので注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング