kaigo-mensetu

介護職の採用面接合格のために | 退職理由やアピールポイントの考え方

ここでは、介護職として面接で気を付けたいポイント、アピールしたいポイントなどについてご紹介していきます。面接で緊張しやすい人、何を話したら良いか分らない人は是非参考にしてください。

前の職場を辞めた理由を聞かれた場合

転職の際に必ずといっていいほど聞かれる理由としては、なぜ前の職場を辞めるに至ったのかということです。

例えば、職場の人間関係が嫌になった、給料が安かったので、仕事がきつかったので、などというような前の職場が悪かったので退職をしたという理由はできるだけいわないようにしましょう

面接官によっては、自分の職場でも同じような理由で辞めてしまうのではないだろうかと考えてしまいます。そのため前の職場を悪くいうような理由はできるだけ避けておきましょう。

お勧めの理由としては、新しい職場で〇〇をしてみたい、〇〇を学びたいという理由です。向上心のある方がやる気も伝わりますし相手も聞いていて気持ちが良いかと思います。

例えば、特養から老健に移る場合は、医療的なことを学んでみたい、他職種と一緒に仕事がしたかったなどといった理由です。向上心を持って、前向きに転職をしたというイメージを持ってもらいましょう。

前の職場でどのような部分を学んできたのか

介護は専門職ですので、仕事をしている限りは勉強の連続です。面接の際にアピールするところがあれば、以前の職場でどのようなことを学んで勉強してきたのかなどをアピールすると自身の能力をアピールしやすいですのでお勧めです。

また、これと同じようにどのような経験をしてきたのか、大変だったことや、それを乗り越えるためにどんな工夫をしたのかなど、詳細に相手に伝えれると良いです。

面接官からしてみれば、自分のところでどういった仕事をしてくれるのか期待を持つこともありますので、できるだけ具体的に話すようにしましょう。

明るく元気に、ハキハキと

介護職は他の職種と違って、全部分対人の仕事です。介護をする仕事ですので、暗いイメージを持たれる、だらしないイメージを持たれると面接で落とされる可能性がありますので注意しましょう。

まず、話し方から気を付けるようにしましょう。話し方のポイントとしては、早口にならないことです。緊張をしてしまいますとどうしても話し方が早口になってしまいますので、意識してゆっくりと話すと丁度良いぐらいになるかと思います。

また、ハキハキと聞き取りやすく話すことも、ゆっくりと話すように心がけると上手にいきます。高齢者を相手にしている仕事ですので「この人なら高齢者を任せられる」というイメージを持ってもらうようにすることが必要です。

笑う必要はありませんが、暗い顔は相手に悪い印象を与えてしまいますので注意が必要です。

介護士人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング