介護職を今すぐ辞めたいあなたへのアドバイス

母親が介護福祉士をしていて色々な話しを聞きます。母の職場のクリスマス会や敬老の日のイベントにも参加した事があります。私もその時に人を相手にする仕事は本当に大変だなと身を持って実感し、社会勉強させてもらいました。

介護職は離職率ナンバー1だと言っても過言ではないでしょう。肉体労働はさることながらお給料は安いですし、勤務体制も整っているとは言い難い施設もあります。少しでも環境の整った職場で働きたいと思うのは当然の権利です。贅沢を言っているわけではなく労働に見合った対価というものを得られなければ続ける事は難しいでしょう。増して機械や物を扱っているわけではなく人格を持った人間と接していく仕事ですから、ストレスもかなり溜まるでしょう。

情やしがらみだけで自分を犠牲にしてまで、続ける必要はありません。もっと条件の良いところで働きがいのある場所を早く見つける事が自分の為また患者さんのためです。イライラした態度で介護される人の身にもなってみてください。高齢で身体が不自由で頼る人は介護士さんしかいない、そんな人に施設や仕事に不満を持った心で介護は出来ません。
自分自身をまず見つめ、限界がくる前にsosが出ていると感じたら転職を考えてみましょう。

肉体的に疲労困憊に陥っている時、人はいい行動が出来ません。今の職場で休暇がもらえるなら休んで考えるという方法もありますが、結局は同じ事の繰り返しになるだけならまずは辞めて転職を先を探しながら心身共に健康になり、体力を回復させましょう。

焦らずにいい意味で自分の理想に近い職場を見つけられるように常に求人情報やツテなどにアンテナを張っておきましょう。必ず吉報がやって来る日が訪れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング