介護の仕事をやめたいと思うに贈る〜心を切り替えるアドバイス

私は介護職ではありませんが、職場でたくさんの介護士さんが働いています。仲良くさせていただいている介護士さんがいるため、介護の仕事がどれだけ激務であるか、どれだけ悩みの多い仕事であるかがよくわかります。

私からは、介護の仕事を続けていくときの気持ちの切り替え方をアドバイスをさせてください。
介護職の仕事を離れたとしても、また別の施設で介護の仕事を続けるしかない、というパターンに陥りやすいのもこの仕事の特徴と思います。激務の中でなかなかスキルアップも図れず、ただただ作業を行うしかなかったり、疲れ切った中での人間関係が辛くて仕事に身が入らなかったり…本当に多くの試練がある中で、嫌になって辞めたとしても、別の仕事を見つけようとすると、経験のない職に挑むことに戸惑い、悩んだ結果、結局パートなどでまた介護の仕事を続けてしまう…多くの施設がありますが、自分の求める職場というのは、早々に出会えるものではありません。
このような中で、仕事に対する諦めが出てきたとき、本当に生きることがつまらなくなります。仕事は人生の大半の時間を占めています。やるからには、自分の培ってきたものを大切にし、1つだけでも譲らない自分の信念を決めて、仕事に挑んでいくことが大切ではないでしょうか。決してうまくいかないことを人のせいにしないでください。すべては自分の力にかかっています。人との関係に悩むより、仕事として接する利用者をどうか大切にしてください。甘やかすわけでもなく、けなすわけでもなく、利用者1人1人の生活を支えていることにどうか誇りを持ってください。行動の1つ1つが利用者のためにあれば、自然と行動でき、それが楽しくなります。普段職員に強く言えないことも、根拠と自信を持って発言できるようになります。必要なことであれば、必ずともに行動してくれる人がいるはずです。

私の職場では、まさに介護職のリーダーが利用者1人1人に誠実であろうと努力し、まったく介護のことがわからなかったところから、介護福祉士として主任になるところまでのぼりつめることができました。もちろん、様々な人がいる中で、様々な摩擦がありますが、リーダーの指針が常に利用者のためであることが、職員のまとまりを強くしてくれています。

悩む人間は、悩める人間であることを自信に持ってください。世の中には悩まず適当に事をすすめることができる人間がたくさんいます。悩めるからこそ、もっといい仕事ができるはずです。介護職ほど、人間の生理的な部分まで濃くかかわり続ける仕事はないと思います。だからこそ大変な部分もありますが、楽しいこともたくさんあります。
仕事に向き合い、楽しく仕事を続けていけるよう、応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング